上手な節約術を知って生活費をもっと抑える

「ムダ使いをしていないのに、いつも生活費がピンチ!」「もっと節約するにはどうしたらいいの?」という声をよく耳にします。限られた生活費ですから、毎月少しずつでも節約できるといいですよね。ここでは、効果的な節約術についてまとめていきます。

■人生における大きな支出とは?

食費や光熱費、住居費など、生活費は必ず発生してきます。どんなに節約してもタダというわけにはいきません。ですが、上手な節約術を知ることで、生活費をお得に抑えることができるのです。

さて、節約をするのは何のためでしょうか。「収入が少ないから」「海外旅行に行きたいから」「老後が不安だから」など、それぞれの理由があると思います。ですが、その理由が漠然としていると、節約する具体的な目的が見えないために長続きしない可能性があります。まず、毎日の暮らしの中で大きな割合を占める支出について考えてみましょう。人生における大きな支出というと「住居費」「老後資金」「教育費」「保険料」になります。
 

■支出予定額から目標を知ろう

「住居費」というのは、住宅ローンや家賃をさします。人生全体で考えるととても大きな出費である住居費ですが、一生涯のうちどれくらい掛かるのかを計算したことがあるでしょうか。たとえば、現在ローンを払っている人は、支払予定の総額だけが住居費ではありません。将来のリフォーム費用や建て替え費用なども考慮した額を算出してみる必要があります。

「老後資金」や「教育費」についても同じことが言えます。何年後にいくらくらいの支出が発生しそうか、そのためにはどれくらいの貯蓄が必要になるのかを、できるだけ具体的に出してみましょう。「次男が大学に入学する年に家のリフォームも重なりそうだから、〇〇〇万円必要になる」といった数字が見えてくると、その目標から逆算して必要な貯蓄額を計算することができます。具体的な数字を知ることが、効果的な節約術の第一歩です。
 

■効果的な節約術を見つけよう

具体的な貯蓄の目標額を出すことができれば、毎月の貯蓄額も自然に計算できます。「意外とラクに貯められそう」という人もいれば、「かなりキビシイ」という人もいるでしょう。かなりキビシイ場合は、毎日の生活費を上手に節約していきましょう。

まず取り掛かりたいのは、大きな支出の見直しです。自分の人生設計における「住居費」「老後資金」「教育費」「保険料」にムダはありませんか。大きな出費ほど、削れる部分も大きくなります。人生設計における支出を見直してみることが、効果的な節約術になります。