1ヶ月の生活費を節約しながら上手に貯蓄!

子どものための教育資金や老後のための生活資金は、将来的に必ず必要になるお金です。資金を上手に貯めていくには、日々の生活費を節約し、コツコツと貯蓄することが大切になります。生活費の効果的な節約術について見ていきましょう。

■生活費で削れる部分はどこ?

生活費を節約するためには、1ヶ月の生活費がどれくらいなのか、また、どんな支出があるのかを知ることが大切です。何にいくら掛かっているかを具体的に知ることで、支出の項目を「削れる項目」と「削れない項目」に分けることができます。

生活費の中から削れそうな項目を見つけたら、毎月いくらくらいなら貯蓄に回せそうか計算してみましょう。支出を見直すことで、1ヶ月あたりの貯蓄可能額もわかってきます。節約できる部分を探すことが、上手な貯蓄への第一歩となります。
 

■家計簿をつけましょう

では、どのようにして節約できる部分を見つけ出したらいいのでしょうか。それには、家計簿が効果的です。家計簿をつけたことがない、または家計簿をつけても長続きしないという人は、この機会にぜひ始めてみましょう。

家計簿にはノートに書き込むタイプのものや、スマホで使える家計簿アプリなど、さまざまな種類があります。どんなタイプを使うかは、本人の自由です。どれが節約に向いている、というようなことはありませんので、好き嫌いや使いやすさなどで選びましょう。「これだ!」と思える家計簿に出合うことが、長続きのコツと言えます。長く続けることで、家計のムダや貯蓄可能額が見えてくるようになります。
 

■1ヶ月の支出を見直そう

家計簿をつけ始めたら、1ヶ月ごとに支出について見直してみましょう。「思ったよりも食費が多く掛かっている」とか、「切り詰めれば貯蓄額を増やせそう」といった発見があると思います。また、当たり前のように支払っている保険料や通信費などの固定費も、契約を見直すことで大幅に節約できるかもしれません。1つ1つの項目をチェックしていくことで、新しい節約の方法を見つけることができるでしょう。

毎月の支出を見比べてみると、その月ごとに支出に大きなバラツキのある項目が見つかると思います。たとえば交際費などはバラツキが大きく、「1ヶ月にいくら」という設定がしにくい項目です。冠婚葬祭などの費用は節約の対象にはなりません。しかし、外食費やレジャー費などは切り詰めることのできる項目です。適度な息抜きや楽しみは必要ですので無理はよくありませんが、工夫をしながらできる範囲の節約をしてみましょう。