単身赴任や母子家庭で生活費が足りないときは?

現代の社会では「生活費が足りない」と苦しんでいる家庭が多くあります。「毎月ギリギリのところで生活している」「貯蓄をするだけの余裕がない」という声もよく聞かれますが、どのようにして乗り越えていったらいいのでしょうか。対処法について考えていきます。

■母子家庭の場合

母子家庭の多くでは、生活費が足りないという悩みを抱えています。対処方法としては、まずは受給できる手当や制度を活用することをおすすめします。各市区町村には母子家庭を対象にした手当や制度があります。条件に合えば支給してもらえますので、役所などに相談してみると良いでしょう。

また、普段の生活の中での節約も大切です。大きな節約は難しくても、少しずつなら可能です。例えば、電気代の節約のために冷蔵庫の扉はすぐに閉める、使わないコンセントを抜いて待機電力を発生させない、冷房や暖房器具を電気代の安いものに切り替えるなど、色々な方法が考えられます。また、食費や光熱費などの支払いをカードで行ってポイントを貯めるなど、得する生活の知恵もたくさんあります。
 

■単身赴任の場合

単身赴任の家族がいる家庭からも、生活費が足りないという悩みをよく聞きます。2軒分の生活費が掛かる上に、行き来する交通費なども掛かってきますから、家計への負担はかなり大きくなります。会社から手当が出る場合は、申請の手続きを忘れないようにしましょう。単身赴任先の住居に関しても、会社から補助や手当が出るケースが多いです。受給できる制度はもらさずに利用しましょう。

単身赴任先ではどうしても外食が多くなってしまいます。毎日の自炊は難しいかもしれませんが、食費の節約については家族で話し合ってみましょう。外食ばかりでは健康にもよくありませんね。また、自宅と赴任先を行き来する交通費も工夫してみましょう。飛行機や新幹線ではなく自家用車や高速バスにしたり、格安の航空券やJRのお得な切符を利用することも検討してみましょう。
 

■生活費が足りない!

「不測の事態でどうしても生活費が足りない」という場合は、キャッシングやカードローンなどの利用も考えられます。しかし、軽い気持ちで借金をしてはいけません。どうしても借りる必要があるのか、返せる見込みがあるのかなど、よく考えてから利用するようにしましょう。

「母子家庭で生活が苦しい」「単身赴任で節約ができない」などの悩みに関しては、インターネット上にもたくさんの情報が載っています。自分に合った対処方法や解決方法が見つかるかもしれませんので、ネットを通じて情報収集することも有意義でしょう。