3人家族の生活費の特徴と節約方法について

毎月の生活費は少しでも節約したいものです。たとえば3人家族の場合、平均的にどれくらいの生活費が掛かるのかご存知でしょうか。支出のうちどの部分を減らしていけるのか、どんな節約方法があるのかを見ていきましょう。

■3人家族の収入パターン

両親と子どもが1人という3人家族では、生活費にどのような特徴があるのでしょうか。まず、「両親が共働き」「母親がパート」「母親が専業主婦」など、両親の仕事によって収入に差が出てきます。一般的には両親が正社員として共働きの場合は収入も多くなりますので、生活費にも余裕が出ます。余裕がある場合はできるだけ貯蓄に回して、将来の進学や老後の資金としましょう。

3人家族で母親の収入が少ない、または無いという場合は、一般的には生活費の余裕が少なくなります。現在の収入の中から貯蓄をするためには、生活費の節約が必要になるでしょう。どの部分の支出が減らせそうか、いくらくらいなら貯蓄に回せそうか、できるだけ細かく計算してみましょう。
 

■固定費の見直しをしよう

3人家族の家庭で節約に励むには、どのような方法が効果的でしょうか。大きな節約を考えているならば、固定費を見直してみましょう。まずは住居費です。持ち家で住宅ローンを支払っている場合は、借り換えや繰り上げ返済について検討してみましょう。賃貸の場合は、引越しを検討してみるのも一つの方法です。住居にかかるお金は生活費の中でも大きな割合を占めますから、成功すれば大きな収穫となります。

また、家族の保険についても見直してみましょう。生命保険や傷害保険、自動車保険など、現在加入している保険についてトータルで見直す機会をもつことが大切です。よくわからないままに加入した保険や、独身の頃に入ったので現在では補償が見合っていない保険などはないでしょうか。解約をすると損をしてしまう場合もありますが、損と得をよく見極めながらチェックしていきましょう。
 

■小さな積み重ねも大切

大きな節約だけでなく、日々の小さな節約ももちろん大切です。たとえば3人家族の場合は、子どもの洋服などをお下がりにできませんので、必要なものはその都度買い揃えることになります。ですが、友だち同士で着られなくなった洋服を譲り合ったり、ネットオークションを利用したりすることで、購入費用を減らすことができます。

このように、少しの工夫や努力で節約することもできます。小さな金額でも積み重ねれば大きな資金になりますので、ぜひ色々な方法を試してみてください。